より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

投資額を増やしていけるか。【長期投資の重要ポイント】

投稿日:

 

 

 

以前、「少額投資は意味がないのか?」ということについて記事を書きました。

(こちら→少額投資は意味がない!?←いや、意味あります。

 

「少額投資はリターンが少なすぎて意味がない。」という意見を目にすることがあったので書いたのですが、結論をいうと、投資を始めるのに少額から入ることは普通であり、チャレンジで始めてみることには意味があるということです。

 

私たちは日々多くの情報にふれていますが、ブログ・SNS・YouTube・書籍などで述べられていることは客観的事実以外はすべて1つの意見でしかありません。

 

その意見を受けて、どう考えどう判断するかは自分次第なので、なんでも鵜呑みにしないように注意してほしいと思っています。

「この人が言っているのだから」とか「本に書かれているのだから」とすべて「正しいこと」だと思ってしまうとよくありません。

あくまで、意見は意見でしかありません。

 

アミ
おお。気をつけよう。

 

少額ではリターンが少ないのは事実

 

話を戻します。

「少額投資は意味がない」という意見ですが、100%否定しているわけではありません。

投資額が少ないとリターンは小さく運用効果は低いです。

 

特に最近は100円などから超小額の投資ができたり、ポイントで投資ができたりするので、少額で投資をしている人の割合が増えていると思われます。

 

そのため「少額の投資は効果が低すぎて意味がない」と言いたくなる気持ちもわかります。

事実、少額ではリターンは微々たるものでしょう。

 

例えば、毎月千円の投資を続けたとします。(年率5%で複利運用)

期間 元利合計 積立金額
5年 68,006円 60,000円
10年 155,282円 120,000円
20年 411,033円 240,000円

 

これだと上の表のように、5年かかって8000円増えるというレベルです。

生活にはほぼ影響ありません。意味がないと言いたくなります。

 

毎月1000円の投資でこれなので、数百円の投資やポイントでの投資は「リターン」と言えるほどのものは期待できません。

 

そのため、投資でなんらかの変化を起こしていくにはある程度の投資資金が必要です。

 

アミ
確かに、8000円って買い物一回我慢すればそれで済む額ですね。

 

 

投資額は成果にダイレクトに影響する

 

 

インデックス投資などは、毎月の投資額で運用成績が変わるといっても過言ではありません。

 

毎月1000円の投資ではあまり実りは多くありませんでしたが、毎月5万円くらいになるとだいぶ様子が変わってきます。

(実際、本気で資産運用を考えている人が5~10年もずっと1000円で積み立てをすることは考えずらい。)

毎月5万円の投資を続けたとします。(年率5%で複利運用)

 

期間 元利合計 積立金額
5年 3,400,304円 3,000,000円
10年 7,764,113円 6,000,000円
20年 20,551,683円 12,000,000円

 

これだと5年で40万、10年で170万、20年で800万増える計算になります。

「複利の力」を感じられますね。

 

さらに効果を高めるには投資額を増やす必要があります。

 

アミ
だいぶ額が違ってきましたね。

 

 

投資額を高めるには

 

投資額を高めるには、

①収入を上げる

②支出を下げる

のいずれかが必要です。

 

このうち②の支出を下げることは誰でもすぐに取り組むことができます。

支出を削って投資に回すと、先ほど見たように複利の力で時間の経過とともに差がどんどん開くことになります。

 

支出を下げるには、固定費の見直し、食費の見直しなどが考えられます。

また、普段何気なく使っている浪費をなくすだけでも効果は高いです。

できるところからすぐに始めることがポイントです。

(こちらも参考に↓)

 

 

一方、①の収入を増やすことですが、これは副業が考えられます。

いきなり始めようとしなくても、1年程時間をかけて副業をするためのスキルを身に着けることから始めてもいいでしょう。

 

投資額が毎月10万円程になってくると、運用成績がまったくちがうものになってきます。

毎月10万円の投資を続けたとします。(年率5%で複利運用)

 

期間 元利合計 積立金額
5年 6,800,608円 6,000,000円
10年 15,528,227円 12,000,000円
20年 41,103,366円 24,000,000円

 

元利合計は10年で1500万を超え、20年で4000万を超えます。

 

ただ、いきなり毎月10万円の投資は厳しいと思います。

そのため、始めはつみたてNISAを使っていくのも有力な手段だと思います。

 

つみたてNISAは年間40万円まで非課税で運用できる制度です。

月々3万3000円くらいの平均投資額になります。

 

つみたてNISAは長期投資の感覚を磨くのにも適した制度だと思うので、これから資産運用を始めたいという人は積極的に活用するといいと思います。

(こちらも参考に→つみたてNISAのメリット

 

アミ
私もつみたてNISAでがんばろっと。

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

・投資額が少なすぎると「リターン」はほぼない

・インデックスなどの積み立て投資は、投資額の大きさが運用益に強く影響する

・投資額を増やすには、収入を増やす、支出を減らす

・支出を減らすことはだれでもすぐにできる

・これから資産運用を始めようという人は、つみたてNISAをつかうのは有力な手段

 

いずれにしても、長期投資において、投資額を増やす努力は投資成果に大きく影響します。

 

ここは意識してがんばるべきポイントですね。

 

今回は以上です。

 

 

シン
こちらの記事もどうぞ↓

株で不労所得をつくる投資戦略!

長期投資で成果を出すための3つの視点!

小額投資は意味がない!?←いや、意味あります。

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【高配当株】JTとAT&T!日米の高配当株の運用実績

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者00人を超えました!ありがとうございます!)

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.