より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

初心者 株式投資

投資信託をほったらかしておくだけで本当にいいのか。

投稿日:

 

 

 

ここ数年で投資に関する本がよく売れているのを見かけます。

なかでもよく見かけるのが、投資信託を買って、あとはほったらかしておけばいいという内容の本です。

「これは楽だ!」

「それならできそう!」

という感じで、投資を始めた人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、本当にほったらかしておくだけでいいのでしょうか。

喜んでほったらかしている人もいれば、放っておくだけでリターンが期待できるということに疑いをもつ人もいると思います。

 

結論からいうと、「ベストではないが、ベターではある」です。

何万部も売れている本で勧められている投資信託は、どれも手数料が安く、信用性も比較的高いものです。

これまでの歴史を振り返ると、長期で見た場合、株式のリターンは順調です。投資信託によって、広く分散投資していれば、この成長に乗っかることができるわけです。

そのため、初心者がよく調べもせず個別株を買ったり、短期トレードをしたりするよりは、着実なリターンが期待できます。

 

 

この記事では、サラリーマンや主婦などの個人投資家が短期トレードをするよりも、長期のインデックス投資(投資信託)を選んだほうがいい理由について解説します。

 

まずはトレードと投資は全然違うものだということを理解してください。↓
シン

 

 

 

初心者やサラリーマンなどに短期トレードをおすすめできない理由

 

 

 

トレードは短期的な値動きの変化を利用して利益を出すゲームです。

ゲームにおいては、スキルと経験をもつプロが圧倒的に有利です。

スポーツでも何でもそうですが、初心者がプロと戦って勝つ確率は極めて低いと思います。

しかし、トレードの世界では初心者がプロに平気で挑んでいる部分があります。

対戦相手が見えないので、ぼやけてしまっているのかもしれませんが、トレードで損をしたり、資金を失ってしまったりする人が多いのはこの自覚が足りないことが大きいと思います。

 

ならばスキルを身に着ければいいのですが、サラリーマンなど働いている人は、十分な時間を確保することが難しい状況だと思います。

なんとか時間をつくりだして、1日2時間程勉強できればいい方だと思います。しかも、朝から働いて疲れている状態でそれをやり続けるのは、けっこうハードルが高いかもしれません。いずれにせよ、プロと戦うだけのスキルを身に着けるには、長い時間が必要です。

 

実際、働きながらトレードをしている人もいるかと思います。しかし、働きながらたまに相場を見て売買をするというのは、プロと片手間に戦っているようなものです。それで勝てる可能性がどれくらいあるでしょうか…。

 

 

さらに、もうひとつ付け加えると、個人投資家は1人で戦っていますが、プロはチームで戦っています。

だから実際に戦う相手は、「プロ集団」なのです。情報量や資金力に圧倒的な差が出るのはそのためです。

とても勝ち目があるとは思えませんね。

 

 

(詳しくはこちらの記事も参考にしてください。→サラリーマンの短期トレードはムリゲーな理由

 

 

インデックス投資

 

初心者がへたにトレードに手を出すと痛い目をみます。

 

だからこそ、優秀な投資信託を積み立てていくインデックス投資がおすすめされているわけです。

「投資」と「トレード」はまったく別物です。

投資は、長期的なプランの中で、経済や企業などの成長とともに、着実にリターンを出していこうとする行為です。

 

 

だからといって、投資信託であれば何でもいいわけではありません。中には、手数料がとても高いものもあります。

特に、相手から積極的に売り込んでくるようなものには注意してください。

 

 

投資するのは、手数料が安く、信頼性の高い投資信託です。

売れている書籍でおすすめされているのは以下のようなものがあります。

 

ニッセイ外国株式インデックスファンド

楽天・全米株式インデックスファンド

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

eMAXIS Slim先進国株式

 

また、2018年に設定された

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

も人気です。

 

 

これらの投資信託(インデックスファンド)であれば、手数料が非常に安く、長期で見れば、安定したリターンが期待できます。

本やネットの記事で見たことのある商品が多いのではないでしょうか。

 

少なくとも、素人が行き当たりばったりの投資をするよりは大きな成果が得られると思います。

 

 

ニッセイ外国株式インデックスファンドのチャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

ニッセイ外国株式インデックスファンドのチャートを見ると、緩やかにですが成長しています。

インデックス投資は、期間が長期であれば、ローリスクローリターンで運用することができるでしょう。

つみたてNISAを使えばより効果的です。

 

 

(インデックス投資に関してはこちらの記事も参考にしてください。↓)

年金だけじゃ不安!つみたてNISAを使って、お金を貯めるシミュレーション

米国株は初心者でも少額でもできます!【インデックス投資】

 

 

 

インデックス投資より一歩踏み込んだ投資

 

インデックス投資は、初心者から上級者まで幅広く行われています。実際、プロでもインデックスを上回るパフォーマンスを出すことは難しいくらいです。

 

しかし、インデックス投資のみではなく、もっと大きいリターンを得たいという望みをもつ人もいるかと思います。

そういう人は、投資に関する継続的な学習が必要です。

そのうえで投資対象を広げていき、投資信託に加えて個別株も含めて、ポートフォリオを組んでいくことになります。

 

書籍などで紹介されている「ほったらかし投資」は、初心者でも簡単にやることができます。

ただ、その読者がずっと初心者であり続ける想定で書かれている部分があるように思います。

もし、自分で積極的に投資について学んでいく気持ちがあるなら、もう一歩踏み込んだ投資ができるようになります。

 

 

アミ
学び続ける姿勢が大事ってことね。

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

初心者やサラリーマン、主婦などの個人投資家が、トレードで勝ち続けるのは難しい。

初心者は、インデックス投資から始めるといい。

投資対象がいいものなら、インデックス投資は、ほったらかしでもローリスクローリターンの運用が可能。

学習を継続するなら、一歩踏み込んで個別株をポートフォリオに組み込むことも可。

 

 

一歩踏み込んだ投資をするための具体的なポートフォリオの組み方に関しては、こちらを参考にしてください。↓

米国株・ポートフォリオの組み方【具体例を示します】【初心者も必見】

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

 

 

 

-初心者, 株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.