より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習 自己投資

月10万円の生活は幸せなのか?→月25万円の生活と幸福度は変わりません。

投稿日:

 

 

今回は、「月10万円で生活するのは幸せなのか?」というテーマについて考えてみたいと思います。

 

以前の記事で、配当金生活をするにはどれくらいの投資額が必要なのかというものを書きました。

(こちら→配当金生活をするにはいくら必要?→3750万円です。

 

配当金生活をするのに必要な総投資額をざっくりと示しています。

 

このときに、月10万円(年間120万円)で生活することを前提として考えました。

(これくらい少ない生活費を前提にしても、配当金生活はけっこうハードルが高い。)

 

では、月10万円の生活は幸せなのでしょうか。

今日はこのことについて述べてみます。

 

(扶養する人がいない状態を前提とします。)

 

結論からいうと、月10万の生活とは月25万の生活で幸福度は変わりません。

 

アミ
え、それは変わりそうだけど?

 

私自身は、月25万円程で生活していたこともあり、現在は月10万円以下の生活費ですが、使う額によって幸福度が変わるということはありませんでした。

 

体験談として参考にしてもらえればと思います。

 

生活費の平均額

 

一般的な生活費の平均額を調べてみると、月に約16万です。(東京)

 

内訳↓

家賃 約75,000
食費 約27,000
水道光熱費 約8,000
通信費 約10,000
日用品費 約6,000
交際費 約19,000
娯楽費 約13,000
合計 約15,8000

 

 

平均が約16万円であることを考えると、月10万円の生活は平均よりもけっこう低いことになります。

 

逆に月25万円の生活は平均よりもけっこう高いことになります。

 

では、10万円の生活は幸福度が低く、25万円の生活は幸福度が高いかというとそんなことはありません。

 

私の場合は、どちらも大して変わりませんでした。

 

正確に言うと、「どちらも幸福ではない状態だった」です。

(もちろん、一時的に幸福なことはありましたが。)

 

その状態を脱したのは、哲学や心理学を学んで実践し、行動を変えていったことによります。

 

そのため、25万円で生活していた時より、10万円で生活している現在の方が幸福度は高いです。

 

ここまでくると、「幸福とは何か」という話になってきますが、今回はそこまでは深入りしないようにします。

(こちらも参考に→この世に深刻に悩むべきものは存在しない。メンタルをハックせよ!

 

 

アミ
月25万円の生活と月10万円の生活は、具体的にどんな感じだったんですか?

 

月25万と月10万の生活費内訳(体験)

 

社会人になりたての頃は、月25万程で生活していました。

 

ざっくりと示すと、以下のような感じだったと思います。

 

家賃 約75,000
食費 約110,000
水道光熱費 約8,000
通信費 約10,000
日用品費 約25,000
交際費 約10,000
娯楽費 約12,000
合計 約250,000

 

まあ、簡単に言うと浪費が多かったです。

 

特に食費です。

ほぼ外食していました。

 

そして、家賃です。平均と変わらないわけですが、高い。

スマホ代も高い。

 

アミ
食費11万は、やば!

 

一方、現在の10万円生活は、ざっくりと以下のような感じでしょうか。

 

家賃 約30,000
食費 約20,000
通信費 約5,000
日用品費 約15,000
交際費 約10,000
合計 約80,000

 

居候なので、正確には家賃ではないかも。

 

これでも節約ピーク時よりは使っています。

 

ここ数年間はけっこう節約してきました。

 

節約するようになったきっかけは、投資の資金を捻出したかったということが大きいです。

 

浪費はほぼありません。

 

節約をどこまでやるかは人によるでしょう。

ムリをしすぎるのは、幸福度を下げるかもしれません。

 

適切な節約は気分を良くします。

少ないお金で生活できると、逆に生きやすくなるかもしれません。

 

ただ、最近はもうちょっと使ってもいいかとも思っています。

(使いたいものがあれば積極的に使ってもいいかという感じ。)

 

(こちらも参考に→生活費を本気で削るとどうなるか。生活費を削るべき理由。

 

アミ
私は月10万とかムリです。

 

シン
僕はいけるかな。

 

年収500万と年収1000万

 

生活費の大きさで、生活費は変わらなかったことを述べましたが、年収500万と1000万で、それほど豊かさは変わらないという人もいます。

 

実際、年収1000万かそれ以上の知人もけっこういますが、様子を見る限り、的外れではないと思います。

 

生活水準は大して変わりません。

 

これが「幸福度」の話になってくると、年収500万で1000万の人より幸せな人もたくさんいるでしょう。

 

2ちゃんねるの開設者であるひろゆきさんも述べていましたが、お金持ちになっても幸福度はそれほど上がらないようです。

 

実際にお金持ちになった人で、こういう趣旨の発言をする人は他にも多いですよね。

 

もちろん、一定以上のお金が必要なのは言うまでもありませんが、お金以外の面からもアプローチがあっていいと思います。

 

お金が大切なのは言うまでもないことですが、それだけで幸福になれるのかというと、そういうわけではないのです。

 

 

 


 

アミ
「幸福」って難しいわね。

 

シン
お姉ちゃんは幸せそうだけどね。

 

 

まとめ

 

ということで、「10万円生活は幸せなのか?」ということですが、

私自身は、25万円使ってた時と変わらないということでした。

 

つまり、生活費が平均よりも多いか少ないかということは、それほど幸福度に直結しないと考えられます。

 

私自身、25万使っていた時よりも、現在の方が幸福度は高いです。

(もちろん、完全に満足しているわけではありませんが。)

 

金銭的な面より、それ以外の面が幸福度に大きく影響を与えていることを実感しています。

(もちろん、一定以上の収入があることは大事でしょう。)

 

少なくとも、「月10万円では幸福になれない」というわけではないように思います。

 

今回は以上です。

 

アミ
私も、もっと幸せになれるようにがんばろっと!

 

 

こちらも参考にどうぞ↓

この世に深刻に悩むべきものは存在しない。メンタルをハックせよ!

 

配当金生活をするにはいくら必要?→3750万円です。

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者000人を超えました!ありがとうございます!)

 

 

-お金の学習, 自己投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.