より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】AT&Tとベライゾンも追加投資!(配当利回り6%超えの高配当株)

投稿日:

 

 

前回の記事でスリーエムを追加投資したことを書いたのですが、どうせなので他のものも書いておきます。

(前回の記事→【米国株】スリーエム気楽に追加投資しました!

 

その他に追加投資したのはAT&Tとベライゾンの米国大手通信会社コンビです。

 

ともに連続増配株であり、高配当株です。

 

特にAT&Tは連続増配30年以上で、配当利回りは6%を超えています。

 

ベライゾンも配当利回り4%以上で十分高配当です。

 

AT&T

 

AT&Tはここのところ30ドル前後をうろうろしています。

 

AT&Tチャート

AT&T(出所:ヤフーファイナンス)

 

30ドルをかなり下回って、配当利回りが7%になっていた時期もあり、コツコツ買い増していました。

 

今回は、30ドル付近まで下がったところで追加投資しました。

 

5月19日現在のデータは以下の通りです。

株価 31.8ドル
配当利回り 6.42%
PER 10.17

 

シン
高配当ですが、財務状況が心配されてはいます。

 

ベライゾン

 

ベライゾンも高配当で、最初買ったときには株価の伸びはそれほど期待していませんでしたが、まあまあ伸びています。

 

ベライゾンチャート

ベライゾン(出所:ヤフーファイナンス)

 

米国内でライバルのAT&Tと比べて、業績も割と好調なようです。

 

米中の貿易問題再燃で、最近株価を下げた米国株ですが、そんな中でもベライゾンは健闘していたように思います。

 

5月19日現在のデータは以下の通りです。

株価 58.09ドル
配当利回り 4.15%
PER 11.47

 

シン
配当受け取りながらのんびり長期投資には適しているかも。

 

配当重視の長期投資は安く買うことが大切

 

 

安く買いたいとはだれでも思ってることかもしれません。

 

しかし、配当重視の長期投資の場合は、より意識を高くしておきたいことです。

 

特に、大きく下がった連続増配株は注目しておくとよいです。

 

例えば、最近のスリーエムや「アップルショック」時のアップルなどです。

 

準備だけでもしておくといいと思います。

 

大きく下げたところはピンチですが、安く買うチャンスがあります。

 

 

また、市場全体の動きとマッチしていない連続増配株の動きも注目します。

 

例えば、全体の指数は下がっているのに、株価が下がらない(もしくは上げている)ようなものです。

 

最近の指数の大きな下落に対して、AT&Tやベライゾンの動きは小さかったと思います。

 

そのため、「株価の下がる力が弱いのかな」などと考えられます。

 

逆に、全体の指数が上がっているのに、株価を下げているようなものは「注意が必要だな」などと考えます。

 

スリーエムなどはこれに当てはまるかもしれません。きちんと計画をもって投資しないとダメです。

 

 

長期投資は、技術や度胸も大事ですが、必要なのは計画と慣れです。

 

 

シン
プランをもって投資をしましょう!

 

こちらも参考に↓

長期投資のプランの立て方 【初心者必見】プランを立てるときの注意点

 

米国株投資については、こちらを参考に↓

【米国株】高配当投資の方法 連続増配株をひたすら買う!(具体的な銘柄紹介あり)

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.