より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

初心者

【初心者】貯金に加えてつみたてNISAで差をつける!【2020年】

投稿日:

 

 

 

資産形成をするうえでは、「支出を削減する→投資を増やす」というサイクルをつくっていくのがベースとなります。

 

節約してムダな支出をなくして手元によりたくさんのお金が残るようにします。

 

残ったお金を貯めたり運用したりして資産を形成していきます。

 

つみたてNISAを使うと、年間40万円まで20年間非課税で運用できるので、少額から運用してみたいという人にはちょうどいいかと思います。

 

つみたてNISAは2018年から始まり、老後資金問題などもあって、資産運用に興味をもつ人は増えてきているようです。

 

現在はコストの低い投資信託で世界に広く分散投資できるようになりました。

 

米国株リターンの長期平均は6%程です。

 

短期的には波がありますが、長期的にはこの平均に回帰していくことがこれまでの200年の結果です。

 

 

「長期」というのは具体的には20年程と考えればいいと思います。つみたてNISAの非課税期間と同じですね。

 

運用においては投資期間が非常に重要で、途中大きな下落があったとしてもとにかく継続することが大事です。

 

こちら参考に↓

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

 

 

つみたてNISAでは、金融庁の基準を満たした投資信託が160本程あり、そのなかから投資することができます。

 

コストの安いものが人気です。

 

ここはよく考えて自分の方針に合わせて決めます。

 

米国インデックスを中心に世界に広く分散できるものがいいと思います。

 

自分はeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)に投資しています。

2020年に継続投資していきたいもの。

 

 

 

 

「貯金だけ」した場合と「積み立てNISA+貯金」とでどれくらいの違いが出るのか簡単にシミュレーションしてみましょう。

 

 

20年間5万円を貯金だけした場合

5万円×240か月=約1200万円

 

現在の預金金利はかなり低いので、そのまま1200万円とします。

(0.1%で計算したとすれば約1212万円)

 

 

つみたてNISAで運用+貯金の場合

毎月3.3万円を20年間5%で複利運用すると、約1342万円

1.7万円×240か月=408万円

合計 約1750万円

 

 

つみたてNISAは年間40万円までなので、月3.3万円の積み立てとしました。

 

年率5%で計算すると約1342万円。

 

残りの1.7万円は預金したとして20年で408万円。

 

約1342万+408万円で、約1750万円となります。

 

ふつうに貯金だけした場合と約550万円の差があります。

 

運用して時間を味方につけ、複利の力を利用した力です。

 

 

もちろんザックリとした計算なのでこの通りになるわけではないと思いますが、差が出るのは確かです。

 

資産運用に興味を持つ人が増えているようですが、今後は早期から金融に関する知識をつけていく必要があると思います。

 

 

今回は以上です。

 

 

以下の記事も参考に↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

『インデックス投資は勝者のゲーム』を紹介!【S&P500に投資して永久保有】)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者25000を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-初心者

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.