より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

「貯金ゼロ」が23%! 30~40代で、貯金がほぼない人は48%!貯金を増やす方法は、浪費をなくすだけ!

投稿日:

 

 

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が発表した「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」によると、30~40代の貯蓄額で「貯蓄ゼロ」が23%になっていることがわかりました。

また、「1万~50万円以下」が24.6%です。すると、30~40代で貯金が50万円以下の人は約48%ということになります。

つまり、ほとんど貯金がない人が、半分ということですね。

 

 

 

 

アミ
えっ、そんなに!?さすがにまずくない?人のこと言えないけど。

 

お姉ちゃんも、がんばって資産運用する気になったでしょ。
シン

 

 

貯蓄額100万円以下となると、約60%になり、過半数を超えています。

 

 

また、貯蓄額の平均は、2018年と比較して52万円減少しています。

 

 

 

これをみて「やばい!」と思った人もいるかと思います。

しかし、大切なのはこれからどうするかです。

意識次第で、貯金額を大きくすることは可能です!

 

この記事では、貯金を増やす方法について解説します。

 

結論からいうと、貯金を増やすコツは、支出をおさえることです。

もっと簡単にいうと、無駄遣いを徹底してなくすことです。

 

以下で解説していきます!

 

 

 

老後に必要なお金は3000万円

 

老後資金として、平均的に約3000万円必要だと言われています。

月20万円の生活費が必要だとして、10年で2400万円かかりますので、これくらいの数字になるかと思います。

 

年金だけで、生活を賄うのはやや厳しいです。そもそも、年金制度が今のまま維持されるとも限りません。

そう考えると、やはり早めに貯蓄をつくっていきたいところです。

 

月に5万円貯めると、20年で1200万円貯まります。

30~40代で貯金ゼロだとすると、すぐにでも貯金をはじめたいですね。

ただし、焦ってもしょうがないので、少しずつ現状を変えていきましょう!

 

 

アミ
私も貯蓄を始めています!

 

こちらの記事も参考にしてください。↓

年金プラス自分で資産をつくる! 快適な老後シミュレーション

年金だけじゃ不安!つみたてNISAを使って、お金を貯めるシミュレーション

 

 

もちろん貯蓄するのは老後のためだけではありませんが、参考までに。

 

早く始めた方が有利であることは確かです!

 

 

 

貯金を増やす方法は、支出を抑える

 

さて、ではどうすれば貯金を増やすことができるのでしょうか。

答えは簡単で、貯金を増やすには、支出を減らすことです。

 

「貯金を増やす」というと、すぐに収入を増やすことを考える人がいます。しかし、貯金を増やすコツは、支出を抑えることなのです。

 

理由は簡単で、どんなに収入が多くても支出が同じくらい多ければ、お金は貯まらないからです。

 

宝くじに当たった人が、最終的に破綻することが多いという話を聞いたことがあるでしょうか?

なぜそうなるのかというと、支出をコントロールできないからです。能力を超えるペースでお金を使ってしまい、それに気がついても支出を抑える力がないために、結局は破綻してしまうのです。

 

逆にいえば、収入が少なくても支出を抑えることができれば、お金は貯まっていきます。

貯金を増やすには、まずは出ていくお金を少なくする。これが貯金の最大のコツです。

これさえできれば、あとは自動的にお金がたまっていくと言えます。(もちろん定期的な収入があるという前提が必要ですが。)

 

支出を抑える → 自動的にお金が貯まる

 

 

 

アミ
じゃあ、支出を抑えるにはどうしたらいいの?

 

次で見ていこう。↓
シン

 

 

 

支出を抑えるには無駄遣いをなくすだけ!

 

支出を減らすためにやるべきことは1つだけです。

それは無駄遣いをなくすことです。

 

では、なにが「無駄遣い」にあたるのでしょうか。

それは、生活に必要のない費用すべてです

 

 

貯金ができない人の最大の特徴は、消費が多いことです。つまり、収入を得たら、それをほとんど使ってしまうということです。

無駄遣いのことを、「浪費」といいます。お金が貯まらない人は、浪費が多いケースがほとんどです。

 

ここでは、意識を大きく変えていくために、生活に必要のないものはすべて浪費であるという気持ちで支出を抑えていってほしいと思います。

 

 

マユミ
浪費にはどんなものがあるかしら。

 

例えば、こんなものかな。↓
シン

 

 

飲食代

 

飲食代に、必要以上にお金を使っている人は多いです。

 

すぐ近くに、安く買えるスーパーがあるのに、コンビニを使ってしまうという人は、少し意識してその習慣を変えてみましょう。

日本のスーパーはびっくりするくらい安い商品がそろっているところが多いです。

 

外食にも注意が必要です。意識しないと不要なお金がバンバンかかってしまいます。

外食をするときは、予算を決めましょう。最初に決めた予算の範囲で必ず済ませるようにするのです。それだけで、余計な飲み代が削減できます。

 

あと、行きたくもない飲み会はハッキリと断りましょう。ムダなお金がかかるだけでなく、時間もムダにします。いいことがありません。一度強い意志をもって断れば、徐々にその習慣ができてきます。

 

 

買い物

 

一度時間をとって、ムダなものを買っていないか徹底して確認しましょう。

買う前に、「これは本当に必要だろうか?」と自問する習慣をつけてください。

 

仕事などのストレス解消のためにパーっとお金を使いたくなるという人は意外と多いです。

その気持ちはよくわかりますが、一度冷静に考えてみましょう。本当にそれが必要でしょうか?

一時的な衝動で行動してはいけません。

 

ただ、適度に気晴らしするのはいいでしょう。世の中には、思っている以上に安いコストで気晴らしできることがたくさんあります。

 

 

衣服代などにおいても必要以上にお金をかける必要はありません。今は、ネットでいいものを安く簡単に買うことができます。

確かに、みすぼらしい恰好をしているのもよくありませんが、清潔感のある服装をするのに必要以上のお金をかけている人は要注意です。見かけも大事ですが、中身に投資することも考えましょう。

 

支出をコントロールする能力を鍛えることは、すばらしい投資としてあなたの人生のプラスになります。

 

 

趣味代

 

趣味に必要以上にお金をかけている人もいるかと思います。

それが好きで好きでたまらないというレベルであれば文句はないのですが、中途半端なお金のかけ方をしている人は注意が必要です。

 

例えば、旅行。休みができて「やることがないから旅行しようかな~」というようなことであれば考え物です。

 

また、ゴルフなどでも、次から次に新しいものをコレクションのように買ってしまう人がいます。それだったら、今あるものでスキルを上げるために時間を使うのも、いいのではないかと思います。

 

 

時間を埋めるためにお金を使うのはやめましょう。時間をもっと有効に投資することが大切です。

 

 

固定費

 

最後に固定費についてです。ここはぜひ確認してほしいところです。

代表的な固定費に、スマホ代・水道光熱費・家賃などがありますね。

 

今はこれらを安く抑える手段が増えています。

例えば、スマホ代は格安スマホに換えるだけで半額以下にすることも可能です。

電話番号そのままで格安スマホに乗り換えたかったら、NMP番号というのを発行してもらうだけでできます。検索して調べれば方法はすぐわかります。たいして手間もかかりません。

 

節約のことだけに関わらず、わずかな手間を惜しまずに調べてみることは情報社会において、とても大事です。

わからないことがあったら、積極的に人に相談してみましょう!

 

 

アミ
私は格安スマホに乗り換えました!

 

マユミ
固定費は、もっと見直せそうね。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。↓

生活費を本気で削るとどうなるか。生活費を削るべき理由。

 

 

 

先に貯める

 

さて、「貯金を増やすには支出を減らす」ということを説明してきました。

実際に行うときには、さらにちょっとしたコツがあります。

それは、先に生活費から貯める額を引いておくことです。

 

例えば、給料が20万円だとして、月に5万円貯めると決めたとします。そうしたら、5万は初めからないものとして、残りの15万円で生活します。

これなら、「今月は、5万円貯めることができなかった・・・」などということは起こりません。

簡単なことですが、非常に重要です。

 

ぜひ、前向きな気持ちで取り組んでいってください!

小さな変化が、後に大きな変化を生み出します!

 

 

貯める額をまず引いてしまうのは、貯金をするときの王道です!
シン

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

現在、30~40代の23%が貯金ゼロ。

老後資金は平均で3000万円ほど必要。

 

貯金を増やすには↓

支出を徹底して減らす

先に貯める額を生活費から引く

 

あせらず、コツコツと実行していきましょう!

 

 

 

貯金をしながら資産運用も同時にしていくとさらに効果的です。

つみたてNISAなどのお得な制度を使いましょう。

こちらを参考にしてください。↓

年金だけじゃ不安!つみたてNISAを使って、お金を貯めるシミュレーション

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

↓こちらもどうぞ。

 

 

 

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.