より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

長期投資で成果を出すための3つの視点!

投稿日:

 

 

今回は長期投資をするうえで、もっておきたい3つの視点を紹介したいと思います。

 

結論からいうと、以下の3つです。

①インデックス投資

②高配当(連続増配株)投資

③技術革新

 

これらは長期投資で成果を出すのに欠かせない視点だと思っています。

 

シン
それでは以下で順番に説明していきます。

 

 

①インデックス投資

 

 

アミ
そもそも「インデックス」って何だっけ?

 

「インデックス」とはこの場合、日経平均やトピックス、ダウやS&P500などの株価指数のことを指します。

インデックス投資は、このインデックスと同じ値動きをめざす投資方法です。

 

実際に投資をするときは、その株価指数に連動するようにつくられている投資信託(インデックスファンドやETF)を購入することになります。

 

私自身はS&P500(米国の代表的な株価指数)のインデックス投資を続けています。

 

S&P500などのインデックス投資は「時間をかければ勝ちが確実」などと言われることもあります。

というのも、例えば米国株は過去200年間にわたって成長し続けています。

S&P500は20年間の運用でマイナスリターンであったことが今までに1度もありません。

一定期間ごとにただ買い増していれば、資産が大幅にプラスになっているのです。

 

(こちら参考に↓)

【米国株】投資をした方がいい理由→毎月10万円で1800万になる。

 

そして、インデックス投資の成績を勝るのはプロでも難しいのです。

 

このようなことから、ウォーレン・バフェットをはじめとした大物投資家も素直にインデックス投資を継続することをすすめている人は多いです。

 

長期投資は、基本的に時間をかけてじっくりと資産を成長させていく投資方法です。

そのため、インデックス投資(インデックスファンドやETFを一定期間ごとに積み立てていく投資)こそが長期投資の王道と言えるかもしれません。

 

(こちらも参考に↓)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【米国株・ETF】VTIを紹介!ETFの代表的存在!楽天VTIでもおなじみ!

 

 

②高配当(連続増配株)投資

 

株式投資のメリットのひとつに配当があります。

配当は不労所得であり、配当金生活にあこがれる人も多いです。

 

そのため、配当利回りの高い高配当株に注目する人も多いです。

 

利回りの高い株の保有数を増やしていくことによって、もらえる配当を着実に増やすことができます。

また、もらった配当で株を買う(再投資する)ことで、複利の力を使って運用することができます。

 

株価の上下に関係なく株を保有していれば配当を受け取ることができるので、株価が下がったとしても、あわてることなく配当をもらいながら株価の回復を待つという選択をとることもできます。

 

逆に言えば、配当ねらいの投資においてもっともイヤなのは、配当が減らされてしまったりなくなってしまったりすることです。

企業の業績によってはそういうこともありえます。

 

そこで注目したいのが「連続増配株」です。

企業の中にはもう何十年も連続で配当を増やし続けている企業があります。

特に米国にはこういった企業が多くあります。

 

例↓

企業名 連続増配年数
P&G 60年以上
スリーエム 60年以上
コカ・コーラ 50年以上
ジョンソン・エンド・ジョンソン 50年以上
マクドナルド 40年以上

 

こういった連続増配株は、数々の経済危機を乗り越えて増配をしてきています。

リーマンショックでも増配してきています。

この信頼感は高く評価できるでしょう。

 

また、米国は株主の目も厳しく、きちんと配当を出せないのは経営者失格の烙印を押されかねません。

そのため、企業の株主還元意識が比較的高いです。

 

また、連続増配年数が長いほど、記録を持続させるモチベーション自体が単純に高まるでしょう。

 

このようなことから高配当株の中でも「連続増配株」は根強い人気があります。

 

株を保有している限り、年々配当が増えていくのは株主にとっては大きな安心材料です。

その株をずっと保有して、配当をもらい続けようという考え方もできます。

 

以上をみても、高配当株(なかでも連続増配株)は長期投資との相性がいいといえるでしょう。

 

シン
こちらも参考に↓

米国・連続増配株へ投資する3つのメリット

【米国株】高配当投資の方法 連続増配株をひたすら買う!

 

 

③技術革新

 

 

配当について述べましたが、成長性のある企業に投資し、株価を一気に伸ばすというのも株式投資の醍醐味です。

 

そのようなグロース株への投資は、成功すれば高配当株よりも速く大きなリターンになります。

 

そこで注目しておきたいのは、我々の生活に今後大きな影響を与えてくるであろう技術です。

そういった分野は今後市場を拡大し、それを扱う企業は大きく成長していくでしょう。

 

こういった企業に先行投資していく視点は、投資の原点であり長期投資にも必要な視点です。

資産を大きく拡大するチャンスをつかむことになります。

 

例えば、AIやブロックチェーン、再生医療などといった分野には注目しています。

 

シン
大きな波がくる前に仕込んでおきたいです。

 

(こちらも参考に↓)

【成長株→高配当株】乗り換え投資!

 

私自身は個別株ではなく、QQQというETFに投資しています。

(こちらも参考に↓)

【米国株・ETF】QQQを紹介!

 

 

まとめ

 

長期投資をするうえで、もっておきたい視点は以下の3つ。

①インデックス投資

②高配当(連続増配株)投資

③技術革新

 

 

今回は以上です。

 

 

シン
こちらの記事も参考に↓

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【米国株・ETF】VTIを紹介!ETFの代表的存在!楽天VTIでもおなじみ!

【米国株・ETF】QQQを紹介!世界最強の企業たちへ手軽に分散投資できる!

【米国株】投資をした方がいい理由→毎月10万円で1800万になる。

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者00人を超えました!ありがとうございます!)

 

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.