より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

資産形成する上でやってはいけないこと

更新日:

 

 

今回は資産形成をする上でやってはいけないことについて書きます。

 

いろいろあるかと思いますが、今の時代において特に気をつけたいことを1つだけ挙げます。

 

なにかというと、「他人との比較」です。

 

これは資産形成に限らず、より良い人生を送るためにも重要なことですので、ぜひ確認してみてください。

 

 

 

 

上のツイートの通りです。

 

資産形成というのは他人との競争ではありません。

 

資産をよりたくさん持っていれば勝ちというゲームをしているのではないですが、実はそれに近い感覚を少なからずもってしまっている人がほとんどです。

 

だから、給料を気にしたり、総資産額を気にしたり、年率リターンを気にしたりします。

 

自分を向上させるために気にするのはいいのですが、そこに他人との比較があると「劣等感」や「嫉妬」「焦り」などの余計な感情を生みます。

 

これらは人生を不幸にします。

 

特に現在は、放っておいても情報が大量にむこうからやってきます。

 

SNS上には数千万~数億という資金を運用する「すごい人」たくさんいます。

 

そういった人と自分を比較する必要は別にないのですが、比較して自分を小さくしてしまう人が多いです。

 

マウントの取り合いもきついですね。

 

競争には終わりがないので、他人との比較を続ける限り、心のゆとりをもつことはできません。

 

それだとけっこう苦しいです。

 

 

他人との比較は、投資において実際的なマイナスも引き起こします。

 

それは自分の投資方針をブラしてしまうことです。

 

他の人の方が資産額が多かったり、運用成績がいいと、ついそちらにつられてしまいます。

 

しかし、それぞれ置かれた条件が違いますし、そもそも断片的な情報だけで判断するのは百害あって一利なしです。

 

ネット上には有益な情報も多いですが、それと同じくらい自分の投資方針をブラしてしまいかねない情報も多いのです。

 

 

 

 

ということで、自分は他人と比較することをしないようにしています。

 

このことを意識してけっこう長いのですが、まだ完ぺきにはできていません。

 

しかし、経験的にも感覚的にもこの意識は間違ってはいないと思っています。

 

 

ずっと競争しているとつらいのです。

 

しかし、マンネリの中にいるもの同じくらいつらいのが人間の難しいところです。

 

そこで「自分の変化」に焦点をあてるといいです。

 

毎日、ほんの少しだけ自分を変化させるのです。

 

これだと他人との競争にはなりませんし、マンネリにもなりません。

 

 

変化するには行動が必要になります。

 

行動の積み重ねはめんどくさいです。

 

しかし、そんなときはマンネリのつらさを思い出すといいです。

 

仕事をすると疲れてイヤになることもありますが、何もなくて暇なのも同じくらいつらいものです。

 

 

「他人との比較」は、資産形成において必要ありません。

 

また、人生においてもいい影響がないと思います。

 

自分は改めて、このことを意識して生活していこうと思います。

 

今回は以上です。

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者3万を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.