より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

【米国株】着実な投資が一番!S&P500の恐るべきデータ

投稿日:

 

 

 

周囲が儲かっているということを聞きつけて、自分も儲けたいという欲が出てくることがあると思います。

 

また、早く売り逃げないとヤバいという噂を聞いて、とにかく売ってしまえと恐怖心が出ることもあります。

 

しかし、欲望や恐怖に支配された選択は、遅すぎるか間違っていることが多いものです。

 

「暴落したら投資を再開する」とか「上昇トレンドのときだけ投資する」ということはよく言われていますが、市場の上昇下落のタイミングをつかむことは非常に困難です。

 

『敗者のゲーム』著者のチャールズエリスや『ウォール街のランダムウォーカー』著者のバートンマルキールは、「市場のタイミングを計ることは、するべきではない」と忠告しています。

 

この忠告の根拠となっているデータをみると改めて株式投資の難しさを感じます。

 

1980年~2008年の28年間にS&P500に投資をすると年収益率は11.1%でした。

 

しかし、この28年間のうち、もっとも上昇した10日間を逃してしまうと、年収益率は8.6%と2割以上も少なくなってしまいます!

 

28年間のうちの10日はこの期間のわずか0.25%ですので恐ろしいですね。

 

ベストの上昇率をさらに10日逃して、20日逃したとすると、さらに2割リターンが低下します!

 

そして、もしベストの上昇率の30日を逃すと年収益率は5.5%となり半減してしまいます。

 

28年間の30日はこの期間のたった0.5%です。

 

同じ投資歴20年のベテラン投資家でも、リターンに大きな差が出ることがあるわけですが、そのような結果の違いは、ごくわずかなタイミングで決まってしまっている可能性があるわけです。

 

 

 

 

別の研究データも見てみましょう。

 

1928年から2000年末までの75年間のS&P500のデータを使って分析した結果を見ると、この間のリターンの大部分は上昇率のベスト60か月に達成されていることがわかっています。

 

75年間のうちの60か月はこの期間のわずか7%です。

 

もしこのベストな上昇月を逃したら、75年間という投資期間で考えれば2世代分にわたって蓄積される利益のほとんどを逃すことになるのです。

 

 

その他、過去109年間でベスト10日を逃しただけで、この期間の利益の3分の2を逃すことになるというデータもあります。

 

 

長期的に見て投資家が失敗する原因のひとつは、激しい下げ相場で狼狽し、上で見たような最大の上げ相場に参加する機会を自ら逃してしまうことです。

 

リターンを得るためには、わずかなタイミングに居合わせなければなりません。

 

よほどの信念がない限り、相場のタイミングを見計らうことはリスクが高く避けたほうがいいことがわかります。

 

投資家は、積み立て投資を忍耐強く長く継続することで、タイミングによる損失を避けることができます。

 

長期投資をするのであれば、絶対におさえておきたい知識ですね。

 

今回は以上です。

 

 

アミ
こちらの記事もどうぞ↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【名著】『7つの習慣』を紹介!世界で最も読まれている自己啓発書!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者12900を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.